2006年12月14日

京紅型の着物地特集。

DSCN6069s.jpg

京紅型という着物地をZIZZでも使うことがあります。

京紅型は沖縄紅型と京友禅が融合したものなのですが。

その歴史は、昭和の初期。京都の着物職人さんが沖縄に渡り、
沖縄の伝統的な染物である紅型を研究したことに始まるんだそうです。

京紅型は、何といってもその図柄のかわいさと独特の色彩にひかれます。
そして、その流れるような柄いきには感動します。


そこで今回は紅型と友禅が融合した着物地を特集したいと思います。
ヽ(^o^)丿


ショルダーバッグ【サイクル】びゃくや

DSCN4680.jpg




手さげバッグ【シフォン】びゃくや
DSCN4615.jpg




ショルダーバッグ【オパール】うたかた
DSCN5024.jpg




手さげバッグ【シフォン】うたかた

DSCN5580.jpg




ショルダーバッグ【サイクル】いろむすび

DSCN6194.jpg





手さげバッグ【シンプル】いろむすび

DSCN6069.jpg

着物職人さんの技術の結集した着物地。

ひとつの反物をとってもいろいろな国や地方の技術が融合してできているんだなと思うと、また違った見方ができて面白いですよ。



===============================================
ZIZZ-INFO:
☆ZIZZ SPECIAL〜新柄コレクション+2006年末SPECIAL
豪華クリスマスプレゼント♪!
http://www.zizz-shop.com/other/sp_2006_final.htm
===============================================
☆X'masプレゼント探しの参考に

http://www.zizz-shop.com/other/xmas2006_osusume.htm
===============================================

2006年10月05日

麻の葉柄/市松模様+ビッグイベント情報

【ZIZZ−INFOMATION】

10/6(Fri)or10/7(sat)に新入荷のバッグ更新します。同時に

【ZIZZ SPECIAL】〜6周年記念+新柄collection がスタート。お見逃しなく!

2大特典あり!【さくらんぼストラップ】がもらえます!!

DSCN5332.jpg

【さくらんぼストラップ】;わたりガラスとZIZZとのコラボ。

かなりかわいいですよ♪

正式に更新日時が決りましたらサイトにてお知らせします。


↓↓お知らせが長くなりましたが、ここからが本題です。(*^_^*)
--------------------------------------------------------------

さて、今回は着物地の柄にまつわるお話を。

ZIZZ BAGに使う着物地の柄は、結構個性的でモダンな感じの物が多いのですが、

実は意外と古典的な文様も多いのです。

そして、古典的な文様にはいろいろな意味があったり、面白いエピソードがあります。


☆麻の葉

DSCN4963.jpg

麻は古来から神聖なものとして扱われ、魔よけの模様というすごい別名を持っています。

麻は成長がはやいので、「すくすくまっすぐ育つように」との願いを込めて、

産着にも麻の葉柄が多く使われています。今では少なくなっているのかも

しれませんが・・・。


☆市松模様

DSCN4963.jpg  DSCN4854.jpg

2色の四角形を交互に配した模様のこと。江戸時代に歌舞伎役者:初代 佐野川市松さん

(さんづけで良いのか分かりませんが・・・(~_~)

が舞台衣装に取り入れたことから、この名前で呼ばれるようになったそうです。

当時、この市松模様が大流行したらしいですよ

(昔も今も流行の発信源が有名人というのは同じなんですね。)

コントラストの効いた印象的なところが人気のヒミツでしょうか?


この他にも、調べてみるといろいろな意味があるものなので、お手持ちのZIZZ BAGや着物の柄

なんかについて調べてみると面白いですよ。意外な発見があるかも・・・。

(文中に出てきたバッグは、10/6or10/7に更新予定の物が含まれて

いますのでご注意下さい。)

次回更新、10/6or10/7の正式な日時が決りましたらサイトにて発表

いたします。お楽しみに!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。